スイーツデコドーナツフレンチクルーラーの作り方レシピ

はじめに

「ドーナツ」は、粘土(クレイ)を上手に扱い、形を丁寧に作るスキルを習得できるスイーツデコです。穴抜き用のホールスペーサーやつまようじ、計量スプーンを上手に使い、作品を仕上げていくのは大変むずかしいですが、最低20個ずつは作ってスキルを磨きましょう。では、巻き込み模様の入ったおいしそうな「フレンチクルーラー」を作りましょう。作るステップは少ないですが、クレイをねじり、つなげ、整えるのはかなりむずかしいかも知れませんが、頑張って作ってください。ジュエリーボックス折りたたみミラー(鏡)手鏡(姫鏡)のデコレーションにピッタリです。


準備するもの
材料 道具
  • クリアファイル(粘土板)
  • 霧吹き(水を入れておきます)
  • ミニタオル:3枚(あらかじめ、濡らしておきます)
  • ラップ(サランラップかクレラップにしてください)
  • ジッパー付保存袋
  • 計量スプーン(プラスティック)
  • ミニプレス
  • 定規
  • ホールスペーサー
  • つまようじ
  • 計量スプーン(ステンレス)
  • パチンコ玉(計量ミニボール )
  • ミント(計量ミニボール )
※保管・乾燥と防止の道具の選び方・使い方に関する詳しい説明はこちら
※成形・計量道具の選び方・使い方に関する詳しい説明はこちら
※作業道具の選び方・使い方に関する詳しい説明はこちら
フレンチクルーラーを作る

STEP1 ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)と形を作る

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を作り、ベースの形を作りましょう。

1【ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を作る】

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)はプレーンドーナツチョコレートドーナツで作った残りのカラー粘土で作るか、新たに作る場合は、チョコレートドーナツやフレンチクルーラーでのドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の作り方と同様に作ってください。

 

樹脂粘土(ジャックス プロッフェショナルA):45mlを計量スプーン(プラスチック)で15mlを3回分量り取り、イエローAのカラー粘土:パチンコ玉(計量ボール)1個、ブラウンのカラー粘土:ミント(計量ミニボール)3個を混ぜ合わせ、ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を作ります。思い通りのカラー粘土(クレイ)を作るスキルはスイーツデコベースカラー粘土(クレイ)の8色の混ぜ方こね方作り方レシピを参照してください。

 

樹脂粘土(ジャックス プロッフェショナルA):45ml
イエローAのカラー粘土:パチンコ玉(計量ボール)1個
ブラウンのカラー粘土:ミント(計量ミニボール)3個

2【ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の使用分量を量る】

できあがったドーナツ用のカラー粘土(クレイ):7.5mlの計量スプーン(プラスチック)で量り取ります。

 

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ):7.5ml

3【棒状に伸ばす】

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)をミニプレスの上面に置き、定規を当てながら、手のひらを使って6cmの棒状に伸ばします。

● 6cmとは

ミニプレスの十字メモリは0.5mm間隔の6cmです。このメモリと同様の長さになるまでドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を伸ばして、定規で確かめましょう。

STEP2 フレンチクルーラーの巻き込み模様を作る

ねじるスキルを使って、フレンチクルーラーを作りましょう。

1【棒状のドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を三角形にする】

指先と定規を使って、棒状のドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の断面を三角形にします。まず指を使って三角形にし、定規の面を使って各面を平らに整えていきましょう。

● ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を上手に三角形にするには①

まず指を使って三角形にしましょう。ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)全体をつまみ上げながら三角形に整えます。このときできるだけドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を横へ押しやらないようにします。

● ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を上手に三角形にするには②

定規を使って各面を平らに整えていきます。定規の面をドーナツ用のカラー粘土(クレイ)に対して横から斜めに押し付け、形を三角形に整えていきます。全ての面を整えましょう。

2【ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)をねじる】

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の両端を軽く持ち、左右時計回りにクレイをねじります。山が6つできるまでねじり、8cmくらいの長さにします。このとき、両端はだんだん細くなっていきます。

● ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)をねじる際に

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)をねじる際は、少しずつ伸ばしながらねじると山の間隔が等分されながらキレイに仕上がります。

3【角を滑らかにする】

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の山になっている部分は角が尖っているため、指の腹を使ってやや丸みを持たせるようにします。軽く押さえる程度で十分です。

STEP3 フレンチクルーラーの形を作る

ねじったドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を輪にし、フレンチクルーラーの形にしましょう。

1【ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を丸めて輪にする】

ねじれたドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を輪にします。ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)を丸めながら、右手側が上にくるように両端を上下に、1cm~1.5cmほど重ね合わせてくっつけます。

● ドーナツ用のカラーの粘土(クレイ)の結合部分の詳細

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)をくっつけた部分は写真のように巻き込み模様と同じ方向になるように上下を重ねます。

● ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の両端の結合

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の両端を結合する際には、ドーナツの太さになるようにくっつけた時につぶして太さを調整してください。

2【ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の結合部と巻き込み模様を整える】

ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)のくっつけた部分に巻き込み模様をつけます。くっつけた部分の手前の巻き込み模様(山)を延長するように、つまようじの先端や腹を使って軽く溝をつけていきます。

● ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の巻き込み模様の延長部分

写真のように、ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)をくっつけた部分の手前にはねじれた山があるので、その溝を延ばします。

●ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)の溝のつけ方

つまようじの先端や腹で、ドーナツ用のカラー粘土(クレイ)に溝をつけていきましょう。

STEP4 フレンチクルーラーの側面に跡をつける

フレンチクルーラーの側面に切れ目のような跡をつけて、より本物のクルーラーに近づけましょう。

1【フレンチクルーラーの側面に跡をつける】

フレンチクルーラーの側面に計量スプーン(ステンレス)の持ち手部分で跡を1本つけます。フレンチクルーラーをタテにして軽く持ち、計量スプーン(ステンレス)を当てて跡をつけます。

2【フレンチクルーラーのニス仕上げをする】

フレンチクルーラーが完全に乾燥したら、ニス仕上げをします。 ねじるスキルを上手に使ったフレンチクルーラーができました。

スイーツデコ作り方盛り付け方ランキング